キャンターやデュトロは年式に関係なく高額査定になるトラックです!

キャンター,デュトロ,査定

 

キャンターやデュトロは高額査定になる

 

トラックと言えば日野のデュトロか三菱のキャンターかと言われるくらいに、
この2つのブランドは絶対的な信頼性を持っています。

 

 

 

仕事効率がアップするハイスペックと優れた耐久性は
海外のユーザーにもたいへん高い評価を受けていて、
20年落ちの2トン・4トン車が高値で買い取られていくケースが頻繁にあるのです。

 

 

 

例えば2005年モデルのキャンターワイドロング・2t全低床の平ボディーが120万円で買い取られたケースがあります。
この中古車は実際に店頭で175万円の価格で売られていました。

 

 

 

走行距離が18万キロも行っている10年落ちの中古トラックですので、
この査定額はとても高額だと言えるでしょう。

 

トラックを買い替えるなら

 

また日野の2003年式のデュトロロング・大型パワーゲート付き2t車が125万円を付けて
買い取られた例もあります。こちらは走行距離が12万キロと年式にすると
短かったことが幸いしています。

 

 

 

この様に外装や内装のレベルをほとんど重視せずに、
年式の古いトラックが高額査定をされているのは、
買い替えを考えているオーナーさんには朗報だと言えます。

 

キャンター,デュトロ,査定

 

 

 

2トントラックでも新車価格が500万円ぐらいするのですが、
10年乗って100万円以上の査定が付くならば十分に元を取っていると言えるでしょう。

 

またこのぐらいの金額で買い取りをしてくれるならば
乗り換え車の頭金としてもかなり有効になってきます。

 

また買い取りには、販売ルートを確保している
トラック専門の買い取り業者に査定をしてもらうのが高額査定のポイントです。


 

 

 

 

>>>20年落ちでも査定が付くキャンターをさらに高額査定する方法!