ユニックやダンプなどの特殊車両は査定数を多くして買い取りをしてもらいましょう!

ユニック,ダンプ,特殊車両,査定

 

特殊車両は査定数を多くする

 

ユニックが付いたトラックやダンプを買い取りに出すのは慎重に行うべきかもしれません。
車体自体が高額な事もありますし、買い取り相場が不安定だという事があります。

 

 

 

普通車の様に年式と走行距離、グレードで簡単に査定が付けられないので、
買い取り専門店によってまったく査定額が変わってきます。
私も今回、日野のデュトロ・全低床ダンプを買い取りに出しました。

 

 

 

買い替えは無しの買い取りです。年式は2001年で9.3万km走行車、
4600ccのエンジンはしっかりとした状態でした。

 

出張査定

 

そこでトラック王国などネット上で評判の買い取り専門店を3つ選んで、
すべてに出張査定をしてもらいました。査定額は安い業者が95万円で、
高いところで115万円になりました。

 

 

 

たった3社でもかなり差が開いていたので安いところにも交渉をしてみると、
「うちの販売価格からすればこれでいっぱいだ」と言われて、
それ以上の査定額にはならなかったです。

 

ユニック,ダンプ,特殊車両,査定

 

もともと特殊車両は製造台数が少なくて、中古車の数も限定的です。
それ故に販売経験が少ない車種には厳しめの査定をする傾向があります。

 

 

 

その点を考えれば、大手のトラック専門の買い取り店をいくつか選んで査定
してみるべきだと言えます。

 

 

 

オーナーさんの方で高額査定ができる専門店を見極めるのは難しいので、
査定数を多くしてその中から高額査定を探す方が効率的だという事です。販売経験が
高いトラックの場合は思い切った高額査定を付けますので、数を撃ってあてる様にしましょう。

 

 

 

>>>中古車市場で品薄の軽トラックは超が付く高額査定です!